記事の詳細

ダイバーシティ社会の創出に積極的に取り組む
東証上場企業の新東京グループ(代表 吉野勝秀氏)は、ダイバーシティの浸透に積極的です。ダイバーシティとは、国籍や性別などの差別なく、誰もが参画出来る社会を言いますが、同社では積極的な取り組みを見せています。ダイバーシティに対する重要性の認識は、グローバル化、あるいは少子高齢化などの変化による企業の競争力の低下にもつながります。そして、各組織のパフォーマンスを向上させるにあたって、大きな意味を持っているわけです。

企業一人一人の人材を決して無駄にしないよう、個人の違いや特徴を尊重する事は企業にとって大きな意味を成します。代表取締役の吉野勝秀氏は、ダイバーシティ化を目指して事業を展開しているのです。

環境プロデュース企業の「新東京グループ」
新東京グループは、産業廃棄物の収集、あるいは処理を通じて、企業の環境プロデュースを手助けするパートナー企業です。吉野勝秀氏の考えのもと、地球や自然環境を守り、未来の子供達に繋げる事をテーマに活動しています。そして、さまざまなクライアントのニーズに対応し、安全な作業をすることはもちろん、適切な産業廃棄物の処理を提案しています。

近年は、子会社の新東京エナジーを中心に、太陽光発電に関する事業にも着手しています。産業廃棄物の収集や処理などの自然環境を守るだけでなく、エコ、省エネといった事に関しても積極的に取り組んでいることから、世間からの関心が高まっています。

吉野勝秀氏の掲げるテーマと想い
新東京グループの代表取締役である吉野勝秀氏は、地球や限りのある自然環境を守り、自然の恵みを未来の子供達につなげたいという想いを述べています。そして、循環型社会を構築する企業として企業理念を実現するとともに、さらなる発展を目指している状況です。

新東京グループが掲げる循環型社会には3つのキーワードがあり、「Reduce」の発生抑制、「Reuse」の再利用、「Recycle」の再資源化と3Rのキーワードをテーマとし、地球環境を保護していく事に貢献するよう活動しています。3Rという大きなテーマを遂行するため、廃棄物の収集や運搬、処理の効率化、環境保全の推進、環境方針を含めた環境に関連する情報の積極的な公開するなど、さまざまな活動を続けている状況です。同社は、環境プロデュース企業としての役割を果たすことで、幅広いお客様へ最良のサポートを行い、安心そして信頼によって幅広いニーズにお応えできる企業を目指しています。

株式会社新東京グループ
http://www.mr-shintokyo.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る